ニュース

(毎日新聞記事へのリンク)<のべおか笑銀座:「笑いと安らぎを提供」--12・13日、定期公演

延岡市のシニア劇団「のべおか笑銀座」第5期生定期公演が12、13日の2回、同市東浜砂の総合文化センターである。

劇のタイトルは「チキン!南蛮!トライ!」。時代背景は、東京五輪の開催を控えた1964年、国全体が高度成長でにぎわっていたころ。延岡発祥の料理といわれるチキン南蛮を題材に、洋食屋と大衆食堂の人間模様を、延岡弁で人間味豊かに描いた。脚本・演技指導は、宮崎市内で活躍する「劇団ぐるーぷ連」の実広健士代表。

座長の黒田吉郎さん(58)は「宮崎は口蹄疫、鳥インフルエンザ、新燃岳噴火と暗い話が続いている。わたしたちの芝居で、ひとときの笑いと安らぎを提供できればと思います」と、舞台への意気込みを語った。 Continue reading

(西日本新聞記事へのリンク)経済アドバイザー創設 延岡市 7人に委嘱へ

宮崎県延岡市は、企業誘致など市の経済施策全般について助言してもらう「経済政策アドバイザー」を設置すると発表した。ヤマダ電機社長の一宮忠男氏(55)=同市出身=らゆかりのある7人に、月内にも委嘱する。

市経営政策課によると、任期は原則2年で旅費などを除いて無報酬。首藤正治市長との面会や電話、電子メールを通じて意見交換する。県内では県と宮崎市が企業誘致アドバイザーを設けているが、経済施策全般を対象とするのは珍しいという。 Continue reading

(日刊スポーツ記事へのリンク)仙台が延岡入り「勝って勇気を与えたい」

仙台が6日、第2次キャンプ地の宮崎・延岡市に到着し、歓迎レセプションに参加した。
約450人が駆けつけ、名産「空飛ぶ新玉ネギ」などがチームに贈られた。
手倉森誠監督(43)は宮崎・鹿児島県境の霧島山・新燃岳の噴火を受け
「昨年の口蹄(こうてい)疫、今年の鳥インフルエンザ、噴火と宮崎県は苦しんでいる。
(J1で)勝って勝って勝って勇気を与えたい」とあいさつした。 Continue reading

(毎日新聞記事へのリンク)ポプコン優勝の井上清春さん、施設慰問いまも

◇75年、栄冠後にプロ進まず、異例の解散

70年代、日本の音楽をリードしたヤマハのポピュラーソングコンテスト(ポプコン)。
優勝者にはレコードデビューが約束され、中島みゆき、世良公則ら多くのミュージシャンがここから巣立った。
75年、優勝の特権を放棄し、解散した異色グループが存在した。七福神。
身障者施設の慰問を目的に、福岡大学の男女7人が結成した。
リーダーの井上清春さん(56)は、卒業後、古里・宮崎に戻った。
休日はミュージシャンとして今も施設に通う。【籔田尚之】 Continue reading

(朝日新聞記事へのリンク)延岡学園、東海大付属第三に2点差惜敗 全国高校バスケ

第41回全国高校バスケットボール選抜優勝大会は26日、
男子の3回戦に進んだ延岡学園と東海大付属第三(長野)の対戦があり、
延岡学園は56―58と惜しくも敗れた。 Continue reading

(日刊スポーツ)この記事へのリンク

延岡学園(宮崎)が盛岡市立(岩手)に91-84で逆転勝ちした。
一時は20点以上の差がついたが、後半に入ってチームが一致団結。
鮮やかな逆転勝利に結びつけた。

20点差の逆転は初めて。チームはすごく仲良く、伝統で敬語もなし。 Continue reading

(神戸新聞記事へのリンク)

全国高校選抜バスケットの展望-23日開幕

バスケットボールの第41回全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)が、

23日から29日まで、東京体育館で行われます。 Continue reading